カーライフ

マツダのボディコーティング MG-PREMIUM経年レポート

CX5が納車されてはや9ヶ月が経ちました

CX5に関するインプレッション記事もこれで10本目

今回はマツダが独自に開発したコーティング剤、MG-PREMIUMのお話です

艶や水弾き感など、実際どうなのか?

経年でどんな変化があるのか?

その効果に疑問を持たれている方はぜひ参考にして下さい

 




 

MGコーティング 結論

ぶっちゃけ、ボディコーティングも究極を求めたら相応の金額になっちゃいます

お金に余裕があるならそれでいいけど、大概は価格と効果を見比べて思案しますよね

ここでもしMG-PREMIUMのチョイスに悩んでいるなら

答えは「YES」です!

特に曲面加工の美しさと金属チックな塗装色に惹かれてマツダ車を選ぶ方や

洗車にかける時間を短くしたい方は絶対チョイスすべき

究極の選択肢としてはコーティング専門のキーパーが有名だけど

CX5クラスだと1回の標準施工で16万(3年保証)もかかってしまう

対してMG-PREMIUMなら10万を切る価格で

1年に1回のメンテサービスを5年間無料で受けられます

 

いかに優れたコーティングでも紫外線の影響は避けられず

経年で少しずつ効果は薄れていくもの

年1回のメンテがあればそんな不安もなく劣化も最小限に食い止められ

新車時の輝きを最低でも5年間キープできる

もっと安くあげる方法として、セルフでやるスパシャンやヴードゥーもありますが

施工の手間もあるし時間がかかる

寒い冬なんかにセルフでやるのはキツいし

商品を買いに行って施工するとなったら半日は覚悟しなきゃいけない

そんなのイヤだ~!って人はMG-PREMIUMおススメです

 


 


 

 

MG-PREMIUM 特徴

MG-PREMIUMの特徴は硬い被膜と長持ちする撥水性

納車され、初めて洗車した時は拭き取り作業がラクにできた事に驚きました

ウエスを1回撫でただけで気持ちよく水切りができるって

何十年も洗車してきて初めて味わった快感だったです

こんな簡単に拭き取りができると、おっくうになりがちな洗車も苦になりません

よっぽどの汚れがない限りは水洗いだけで済むので僕は毎週洗車するようになりました(笑)

ちなみに、被膜の硬度は鉛筆硬度で9H

金属や石などが当たればキズが残りますが、無施工のボディよりは被害も最小限に抑えられます

洗車時に小キズなんかを過度に心配する必要もありません

もうひとつ、特徴として雨に濡れても汚れがつきにくくなります

通常、雨が降った後の車ってまあるい水滴の跡がつきますよね

これは水分にほこりや砂などが吸収され、水分だけ蒸発してしまう事でできます

MG-PREMIUMは乾く前にその汚れた水分をまるごと弾いてしまうので

雨で水滴がついたまんまになっても、汚れが付着していなければ乾いても跡が残りません

 

MG-PREMIUM 光沢

MG-PREMIUMは前述したキーパーと比較される事があります

施工直後によくよく目を凝らせばそりゃあ確かにキーパーの方が輝いて見えますが

とはいえ、同じ2台をまじまじと交互に見比べたらって話で

実際にパッと見ただけではそんなに違いはありません

マツダの塗装色で人気なのはソウルレッドクリスタルメタリックで

光沢感が一番味わえるカラーになってますが

対して僕のCX5はポリメタルグレーメタリックで光沢を感じにくいカラー・・

にも関わらず、MGを施工したら金属チックな輝きがつぶさに感じられるようになりました

表面にくすみがなくどこまでも透明な感じがして個人的にも非常に満足しています

 

 

MG-PREMIUM 9か月経って気づいた点

ちょっと分かりにくいですが、こちらが納車日にディーラーで撮影したもの

KF系CX5 納車寸前の新車

 

そしてこちらが9か月後に撮影したもの

タイヤがスタッドレスになってるので経年したのが分かりますよね

MG-PREMIUM施工し、9か月後のCX5

ツヤ感でいったら9か月経っても全然ヘタりがないのが分かります

 

 

ただ、水弾きって点で言えばちょっと弱くなってきました

洗車した後、スパッと一発で拭き取れない部分が徐々に増えてきた感じ

よく見ると完全に拭き取れていなくて、水引きしたような跡ができるようになりました

顕著に分かるのはリアバンパーの樹脂製の部分

MGコーティングが劣化しはじめた状態

 

MGコーティング 経年で撥水性が失われた状態

ここは洗車した後、一番手間がかかるところで

何度拭き取ってもリアパネルからの水滴が落ちてくる場所

拭き取る回数が多いからなのか、樹脂製だからなのかは不明ですが

ここが真っ先に弾かなくなり、のっぺりと水をひいたような跡が見られました

・・・しかし!

心配はご無用です

MG-PREMIUMにはこちらのメンテナンス用ケミカル剤が付属しているので

これまた簡単に撥水性を蘇らせる事ができるんです

 


 

 

MG-PREMIUM 付属品で簡単メンテナンス

これがそのメンテナンスキットで25cm×30cmの専用ケースに

ケミカル剤×3/スポンジ×2/クロス×2が収められています

マツダMGコーティング 付属品

 

ケミカル剤は以下の3種

①専用シャンプー

②メンテナンスコート剤

③シミ取り剤

これに拭き取り用/施工用のクロスやスポンジが各2枚セットされています

普段は水洗い3回に1回くらいのペースでシャンプーすればOK!

撥水性に翳りが出てきたらこのメンテナンスコートをタオルに2回ほどプッシュして

ボンネットなら半分ほどの範囲をイメージして均一に塗り込んでいくだけ

たったこれだけの作業で復活しますが、薄く均一にという部分がキモ!

狭い範囲に集中して塗り込んでいくと、そこだけ輝きに違和感が出てしまうので要注意です

万が一、シミができた場合のケミカル剤も付属していますが

9か月経って使用したのはたったの1回

シミができやすいドアミラー下のフロントドアパネルに施工したのみ

それも直径5ミリくらいのわずかな円形のシミだったので

少量をクロスに滴下して容易に除去できました

 

 


 

MG-PREMIUM 使用感まとめ

なんにせよ、この局面加工された美しいボディを毎日眺めていたいなら

MG-PREMIUM施工をおススメします

①コスパがいい

キーパーの標準施工タイプ・EX-KEEPERより6万も安く施工でき

5年間、毎年1回無料でメンテナンスしてもらえる

キーパーは1回施工で3年持続と謳っていますが

どんなコーティングでも経年で性能は徐々に落ちていきます

経年から美しい映り込みを守るには年1回のメンテがあった方が安心できるし

ラクに洗車できる期間も長くなって時短にもなる

5年で10万=年間2万円でツヤと短時間洗車を享受できるならコスパの面でもお得です

 

②洗車時の拭き取りが超絶ラク!

撥水性に優れているので拭き取りがとてもラク!

拭き取り用のタオルをボディに当て、

そっと撫でるように移動させるだけで作業完了です

この短時間で拭き取りできるっていうのは非常に重要!

MG-PREMIUMは「撥水性」なので洗車するとボディに水玉ができます

この水玉は太陽光を受けた時、レンズ現象を起こしてしまうので

素早く拭き上げないとボディを焼いて傷める原因になってしまうんです

 

こんなシーンでもMG-PREMIUMは一発で拭き取れるので

塗装保護の観点からも安心!

洗車はホコリがつかない無風の日、そして太陽光を避ける意味でも曇りの日を選のが最適ですが

もし晴れていたら太陽が当たっている面から先に素早くやるようにしましょう

 

 

③ツヤ感は間違いなく維持できている

撥水性は9か月目くらいから落ちてくるけど

ツヤはボディの映り込みを見る限り劣化してるような部分は見当たりません

これは、一見単色に見える塗装剤にメタリックが含まれているせいもあるけど

コーティングされた被膜が塗装を保護していればこそのもの

3ヶ月後に施工される1年目のメンテでまたどれくらい変わるのか楽しみです

 

④メンテナンスキットで簡単に復活!

普段は専用シャンプーで洗車し、撥水が弱まってきたら

セットに付属しているメンテナンスコートを均一に塗り込むだけ

作業がカンタンで時短にもなります

車は走ればいい

メンテもせず洗車も数か月に1回なんて人もいますが

気にかけず放置してる車は塗装の劣化も早くなり下取り価格にも大きく影響します

ボディをいい状態でキープさせたいならMG-PREMIUMをおススメします!

ディーラーに定期的に通えば担当者やメカニックさんとも仲良くなれて

思わぬサービスをしてくれる事もありますよ!

 

お詫び・・・

この記事は納車から9か月目での正直な感想です

しかし、その後、シミができまくるようになってしまいました

なぜなのか?・・・

その原因についてまとめました

もしMGプレミアムを検討されているならその前にこちらをお読みになって下さい

 

巷に出回るガラスコーティングの正体!

続きを見る

 



 

 

 

-カーライフ
-, , , , ,