カーライフ

マツダディーゼル 燃料噴射系クリーニングの仕組みと対策

マツダディーゼル独自の燃料噴射系クリーニングというシステム

これがどんな条件で作動するのか?どうしたら作動回数を減らせるのか?などなど・・

この記事では、噴射ノズルクリーニングに関する様々な疑問を仕組みから解説します

いつも懇意にしているディーラーメカニックさんから伺ったお話なので

貴重な情報になると思います

 




 

燃料噴射クリーニングとは?

このシステムは燃料をシリンダーに噴射するノズルの先端をクリーニングするものです

マツダディーゼル 燃料噴射ノズル

出典:関西マツダ

およそこの言葉を聞いてしまうと、汚れを除去するものと勘違いしてしまいますが

必ずしもそうではありません

ノズル自体には汚れを感知するセンサー自体ありません

では、どうやってクリーニングシステムを作動させているのか?

これはコンピューターが個々の様々な運転環境を記録し、そのデータを元に総合的に判断します

汚れるであろう条件を満たした時に、汚れがあるないに関わらず作動する仕組みです

 

システムの目的とは?

燃料は液体ですから水分も含まれています

これに加え、軽油には硫黄や硫化物などが含まれているため

ある一定条件下でノズル付近が結露すると、これらの物質も付着する事になります

これを放っておくと腐食する可能性があるため、それを防止するのがこのシステムの目的

結露しやすい条件が揃った場合、コンピューターが総合的に判断しエンジン回転を上げて

ノズル付近を高温にしリスクを取り除いてしまうというワケです

エンジンをかけ、切るまでのプロセスを1とし、

それが合計5=1工程になったところで判断するそうで、

その中で結露しやすい条件がいくつあったかで作動するかが決まります

1工程で条件が揃わなかった場合でも、いくつかの工程の中で

走行距離や気温などを加味し、どのような走り方をしたかで作動するそうです

 

結露はどうやってできる?

結露

結露はおおむね冬場にできやすく、冷え込んだ金属に燃料が噴射された時に発生します

燃料を燃やすには当然酸素も必要で、その元になる空気の湿度が高い場合

シリンダー内に若干残された湿気が長時間の停車などで冷えたノズルに付着すれば

冬場に限らず結露しやすくなります

夏場でもシステムが作動するのはこれが理由と言えます

 

システム作動が起きやすい運転とは?

基本、結露があっても水温が100度近くまで上がってさえいれば

エンジン(ノズル)温度も上がっているため、一定距離を走れば自然に解消されます

(※高温下で何分運転したかにもよります)

この事からも分かるように、チョイ乗りを繰り返すようなエンジン温度が低い条件で運転すれば

それだけ結露した不純物が除去されにくくなるため、結果、作動しやすくなります

実際、メカニックさん達も、新車の納車準備でエンジンのON/OFFを繰り返していたら

作動した事があったそうです

 

作動してしまった場合の対処法

システムがクリーニングを完了するには水温が60~100度近くになる事が目安になります

なので、いったん作動したら終わるまでかけっぱなしにしてエンジンを切らないのが理想だそうです

停車中なら1500回転がキープされた状態になり、完了するまで待たなければなりませんが

少しでも早く完了させたいなら意図的に高回転で走行する方法もあります

ただし、外気温が極端に低いと、走行する事で冷やされてしまうので

スピードの加減が難しいかもしれません

もし途中で切ってしまった場合、次にエンジンをかけた際にまた作動する事になり

それ自体、エンジンに悪影響を及ぼす事はありませんが

切った事でエンジンが冷えているため、さらに時間がかかる事になります

 




 

作動回数を減らす対策

エンジンがじゅうぶんに暖まっていない状態だと、不純物を含んだ水分が結露しやすくなるワケですから

作動回数を減らすためにはエンジン暖気が有効な方法になります

水温が50度付近までくるとアイドリングストップも有効になりますが

このシステムをONにしてしまうとエンジンが止まってしまうため温度も下がってしまいます

なので、特に冬場などはアイドリングストップをOFFにし

できるだけ温度が上がるようにしましょう

温度を早く上げるにはヒーターをこまめに切るのも有効です

ヒーターはエンジンで暖められた水(お湯)が循環し、専用ラジエターへきたところで

風を当て室内へ送風する仕組みになっています

この時に、暖められた水がファンで冷えてしまい、

それがまたエンジンへ回ればエンジン温度を下げる要因になってしまうので

できる範囲でOFFを心掛けてみて下さい

 


 

システム作動時間

噴射クリーニングが始まったら、いつ、あと何分で完了するのか気になりますよね

これは、水温が上がりにくい冬場がもっとも長く、

零度から氷点下になる条件下では最長で18分作動するそうです

春先くらいの気温では15分前後、夏場は5分程度との事でした

ノズル部分が高温になる事が条件ですから、冬場に時間がかかるのは仕方ないところです

 

燃料噴射クリーニング まとめ

このシステムにはクリーニングという名前がついていますが

「ノズル腐食予防システム」といった方が分かりやすいかもしれません

腐食の原因となる物質を含んだ水分が、ノズルに結露しやすい条件が揃ったら作動します

冬場が特に作動しやすいですが、湿度の高い夏場でも条件が積算されていけばやがて作動します

作動すると、停車時に1500回転がキープされた状態になりますが

これはエンジン温度を上げるための動作なので、走行している場合だったら

1500回転以下にならないよう、ローギア気味に走る事をおすすめします

(ATだったら一時的にMTモードに切り替えましょう)

噴射クリーニングが動作すると、冬場は特に燃費が悪くなるので

対策としては、水温が50度以上になるまで暖気させてから運転する事

そしてアイドリングストップOFF&ヒーターOFFが有効です

チョイ乗りが続くようなら、5回に1回は水温が90度付近になるまでドライブするるのも手です

外気温や湿度にも影響されるので、あくまで究極の理想になりますが

1回の走行において、100度近くまで水温が上がった状態で

かつ、10分以上の走行ができていればそれが一番の予防策になりそうです

ちなみに、このシステムはCX5だとKF系の中期以降に装備されているそうで

KFのヘッドライトが丸目のモデルでも初期バージョンにはないそうです

このシステムがないからといって、必ずしもノズルが腐食するというわけではありませんが

燃料噴射クリーニングが作動するのを一度も見た事がないというオーナーさんは

年式をディーラーで確認し、対策を相談してみて下さい

 



 

-カーライフ
-, ,