カーライフ

マツダCX5のディーゼル燃費を確実に向上させる方法

CX5のエンジングレードでもっとも売れ線なディーゼルモデル

軽油は単価が安いため、売れ行きは依然として好調を維持しています

しかし、思ったほど燃費が伸びずお悩みのオーナーさんも多いハズ!

今回はそんなオーナーさんへ、今よりも確実に燃費がよくなる方法を紹介します

僕のCX5は6MTなので、そこを基点に解説しますが

これを読めばATのオーナーさんでもMTモードを使う意義が分かるでしょうし

シフトレバーもしくはパドルシフトを上下させるだけですから

そんな手間にはならないハズです

CX5のマツコネに表示された平均燃費

 

これから話す方法で走ったらこんなスコアが連発しますから

きっと運転が楽しみになりますよ!

 




 

 

CX5の燃費改善法 その① 希薄燃焼域

希薄燃焼域の話は以前の記事でもお話ししたので詳しいウンチクは省きますが

少ない燃料でも効率よく燃焼する回転域を使えば燃費は各段に上がります

CX5ディーゼルの場合、1800~2300回転付近がこれに当たるので

いかにこの回転域でエンジンを回すかがポイントになります

ゾーンをうまく使うには各ギアをどの速度域で使うかが鍵!

1速から6速を速度で表すとこんな感じです 

1速=0~16km

2速=14~35km

3速=30~65km

4速=50~75km

5速=75~90km

6速=90km以上

ちなみに1速2速は同じ回転数でも進む距離が短いので、早めにシフトアップします

あくまで平地での目安になりますが、1速で走り出したら15km以内に2速へ

35km近辺で3速へチェンジ

55km近辺で4速へ

70km近辺で5速

90km以上で6速に入れるようにします

ポイントは1800~2200回転前後をうまくキープする事で

アクセルをじんわり操作すれば燃費は向上します!

シフトアップすると回転が落ち込みますが、1500rpm以下にならないよう

前段で2200rpmくらいまで引っ張ってシフトアップするのがポイントです

 

 

CX5の燃費改善法 その② ピックアップがいい回転域を使う

2000rpm~2300rpm付近になると、

ちょっとアクセルを踏んだだけでもグッと鋭く加速するようになります

例えば、時速60kmまで加速させるのに1500rpm付近ばかりを使っていれば

それだけアクセルを踏んでいる時間が長くなり、そのぶんだけ燃料を消費してしまいます

なのでピックアップ=アクセルレスポンスのいい回転域で素早く加速させ、

あとはその勢いでついた速度を惰性に変え、ハーフスロットルで

一定速をキープするようにして走るとスコアが格段に上がります

この回転域になるとエンブレの利きもよくなるため

その中間でアクセルキープすると瞬間燃費計のゲージが跳ね上がるのが確認できるハズです

画像ではうまいタイミングで撮影できず1400rpmになっていますが

見るのはそこじゃなく(笑)、矢印の部分!

一例ですが、3速=45km以上で速度をキープするとゲージが上に伸びていくのが分かるハズ

加速するでもなくエンブレを効かせてるワケでもない微妙な踏み方になるんですが

この効き具合を体感で覚えてしまえばコツをつかんだも同然!

これはどのギアでも使えるのでおススメです

また、2000rpm以上になると混合気の流速が早くなるので

インテークの入り口に溜まりやすい煤が飛びやすくなり、メンテナンス寿命も延ばせます

 

CX5の燃費改善法 その③ 流れを読みエンブレをうまく使う

ただひたすら前の車に追従する事ばかり意識して走ってるドライバーさんて多いですよね

これやってるとたちまち燃費が悪くなります

車種が違えば加速するスピードも違ってきますから

そんな前車の速度に合わせるより、その先の流れを読む方に気を配ってみて下さい

CX5は車高も高いですから先を見通す事もわりと容易

これを利用して数台先の流れを読めば、直前の車よりも先にアクセルを抜いて減速態勢に入る事も可能になります

信号が何色かも重要で、先の信号が黄または赤なら無駄にアクセルを入れず

エンブレを効かせてゆっくりと減速です

ブレーキを多用するのはいかんせん無駄なスピードの出し過ぎが原因

エンブレで減速する距離が長くなれば燃費だって全然よくなります

車間は詰めて走っていると、アクセルのオンオフが激しくなって

それだけ余分な燃料を消費してしまうので

加速と減速を緩やかにできる余裕のある車間を確保しておく事もポイントです

 

CX5の燃費改善法 その④ エンジン温度

ディーゼルエンジンは熱効率のいいエンジンですが

それはエンジンがじゅうぶんに暖まっている時の話で

低温状態だと燃焼効率があがらず、本来の燃費のよさを発揮しません

ガソリンエンジンと違い、ディーゼルは圧縮後の燃焼に発火プラグを使いません

圧縮したその圧力で自然に発火させる仕組みになっているため

エンジン自体が冷えていると、それだけ燃焼効率が悪くなるんです

反対に、エンジンがあったまっていれば自然発火もしやすくなって効率が上がります

マツコネの燃費スコアを見ているとそれが明確に分かりますから

試しに水温とスコアの関係を観察してみて下さい

水温が90度くらいになってくるとスコアがよくなるのが確認できます

ディーゼルが長距離向きと言われるゆえんはここにあって

反対に、チョイ乗りしかしないような使い方だとあまりいい恩恵を受ける事ができません

燃費をよくするには少なくとも10分以上運転する事がひとつの目安になります

 

CX5の燃費改善法 その⑤ 添加剤エコフォースD

以前、ちょこっとだけエネオスのエコフォースDについて触れましたが

あれから実際に使ってみたらこれまたスコアがアップしました

この製品は、長続きする洗浄作用とセタン価向上による始動性のアップ

そして排気煙の低減を謳っていますが

排気がクリーンになるって事は

それだけ燃焼効率がよくなるって事なので燃費にも効果があります

丸ごと1本燃料タンクに放り込むだけのカンタンさも特長で

値にしてリッターあたりおよそ1km前後改善されました

パワーやトルクがアップした実感はありませんでしたが

センターパネルにある燃費の数字がどんどんよくなっていったので

確実に効いてるんだと思います

1本で5000km有効ならコスパもいいので

あれこれ工夫してドライブするのが面倒なオーナーさんにはおススメです

 


 

 

CX5の燃費改善法 その⑥ マツコネのデータを活用!

燃費をよくしたい

しかし、やった努力がデータとして実感できなかったら

おそらく大半のオーナーさんは途中でやめてしまうでしょう(笑)

そこでおススメなのがマツコネのデータ

操作方法もカンタンなので以下の手順で常時表示させチェックしてみて下さい

マツコネのメニューから⇒情報⇒燃費モニターを呼び出し

システム作動状態の画面になったら、運転席横にあるコマンダーダイヤルをもう一回プッシュ!

するとこんな画面に切り替わって、

過去の平均燃費が分刻みで表示されます ↓

矢印の数値は過去1分間のスコアになります

この表示データはメインパネルのスピードメーター左横にある

瞬間燃費計と連動していて、ここで計測されたデータを元に算出されています

 

この数字を見つつ・・・

1~5分間どんな流れの中でどんなアクセルの踏み方をしたか思い出すと

燃費向上のきっかけをつかむヒントにもなります!

ちなみに、DPF再生の作動確認をしたいなら

もう一回コマンダーダイヤルを押すと元のシステム作動状態画面に戻り

そこで簡単に確認できます

DPF作動を確認する方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

マツダディーゼルのDPF再生を確認する方法

続きを見る

 

CX5の燃費改善法 その⑦ 燃料噴射タイミング調整

納車した頃と比べ、明らかに燃費が落ちている場合は

ディーラーに持ち込んで噴射系のファインチューニングをしてもらいましょう!

これをやると、燃費が上がった事が実感でも分かるようになります

燃料を噴射するタイミングや量のコントロールはコンピューターが管理していますが

2万キロを越えてくると各気筒の噴射量にズレが生じるらしく、これが燃費を悪くしてしまいます

噴射系ファインチューニングはこれを適正に戻すもので

メカニックさんがPCをつないで調整します

作業はおよそ30分程度で、メンテナンスパックに入っていればその期間中は無料でやってくれます

これは僕のデータになりますが、調整前と後では1km以上燃費が違ったので

かなり有効な方法だと思います

 

CX5の燃費改善法 まとめ

燃費改善を目指すならやる事はいたってカンタン!

常に1800~2300rpm付近でエンジンを回し

加速は素早く、目的のスピードに達したら慣性の法則で惰性を利用!

あとはハーフスロットルを心掛けるのみ!

減速する時は1段ギアを落としてエンブレを利用しますが

長い下り坂で速度を保ちたいなら1段上げてアクセルオフにするのも有効です

その間は燃料も噴射されませんからこれまた燃費に効いてきます

最後に・・・

この記事を読んでもまだ半信半疑なオーナーさんへ

実際に試してみてほしい事があります

3速なら45~60km

4速なら60km~75km

という条件で1分以上そのスピードを維持してみて下さい

結果は画像にある通り!

下図は朝の始動時に撮ったので水温はゼロですが、スコアは前日に記録したものです

燃料計の残はまだ半分以上を指していますが

それに対し、走行距離は500kmを越えてます

機械はウソをつきません

これを実践したらマツコネパネルに好スコアが並ぶようになります!!

ここまで話した1連の方法を実践すれば、

一般道でのノロノロ運転でもスコアが上がり

数分後に表示される数字を見るのが楽しみになりますよ!

しくみをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい

DPF再生回数も改善されるのでおススメです

【マツダディーゼル】DPF再生を確実に減らす走り方

続きを見る

 



-カーライフ
-, , , ,