カーライフ

【マツダ車】最大のウィークポイントとは?

2022年4月初旬に納車され、はや1年になるCX5

デザインや塗装の美しさ、クリーンディーゼルの燃費のよさなど

数えたらきりがないくらいの魅力に惹かれてCX5オーナーになった僕が

だからこそ改善し、もっともっと多くの人に愛されるマツダ車を作って欲しいという願いを込めて

あえてCX5・・・ひいてはマツダ車全体に関わるウィークポイントをお話します

 




 

マツダ車 ウィークポイント① 塗装の弱さ

他メーカーのSUVも検討しつつ、最終的にCX5を選んだ理由のひとつに

この素晴らしい塗装にあります

ですが、光と影・・・

濡れたような瑞々しささえ感じられるマツダ車の美しい塗装の影には

衝撃にもろいという弱点がありました

ホントにほんのわずか、家の外壁にコツンと当たっただけで

塗装が簡単に剥離します

以前、僕はニッサン車とスバル車を乗り継いできたんですが

今までの車でこんな事はなかったので目を疑いました

一般的にシルバーメタは塗装が弱いと言われていますが

それでもこんなもろく剥離する事は過去なかったんです

今までの経験からこれくらいなら大丈夫という概念があったせいもあるけど

まさかこんな軽い接触で剥げてしまうとは・・・

マツダ車の場合、障害物に当たりやすいドアのエッジ(縁)部分は

特に注意しなければなりません

この点についてはディーラーも把握していて

他のオーナーからも塗装が弱いとの指摘がかなりあるそうなので

マツダ本社にもこの報告はいってるハズ!

ほんの不注意でちょこんと軽く外壁に当ててしまった事で

ピンポイントに1ミリほど剥離させてしまったので

補修後、対策として純正のエッジモールを装着しました

前後左右4枚セットで1万2千円ほどかかるので

決して安くはないですけど、風であおられたりしたら

今後もまた同じような目に合わないとも限らないので

安心を買ったと思えば妥当だったと思ってます

 

純正なら車種に応じてサイズが揃っているため

両端が丸く加工されていて見た目もキレイですが

そこまで気にしないというオーナーさんなら

自分で長さを計り装着するっていう手もあります

塗装色に影響しない透明なものが安価でおススメですよ

 


 

 

マツダ車 ウィークポイント② ワイヤレス充電が使えない

これ、リコール対象になぜならないのか不思議なくらい問題にしてほしい部分!

CX5だけに限った事のようですが、カタログにちゃんと装備のひとつとして表記されているのに

スマホをどう置いてもまったく反応せずチャージできません

試しにスマホカバーを外してみたけどそれでもダメ!

 

取説によればスマホのNFCをオフにするよう書いてありますが

機能をオフにしてもまったく反応なし!

ディーラーへ相談してみたところ、

やはり同じような問い合わせがそこそこきてるみたいで

営業マンも困惑していました

つまり、ダメなもんはダメで対策法もないって事になります

購入した時にはそんな事は説明もなかったし

気軽に車内でチャージできるという機能に惹かれた人も多かったと思います

市販の安価な中華製充電器でさえ、NFCオフなんてしなくても動作するんですから

ここはマツダさんに頑張ってもらって補償してほしいもんです

使えると説明してる装備が使えないっていうのはれっきとした詐欺になっちゃいますからね

 

マツダ車 ウィークポイント③ ヒーターが暖まるのが決定的に遅い!

冬場、北国に住んでる人がよくやる事のひとつに

暖気運転がありますよね

しかし、ディーゼル車の場合、これを毎日やってたら

煤が溜まりまくってDPFに負担をかけてしまいます

僕の場合、煤を気にしているので暖気運転はせず

エンジンかけたら30秒以内に動かすようにしてます

そうなると困るのがヒーターのあったまり具合

ガソリン仕様なら2~3分で暖気ができますが

ディーゼルの場合、温風が噴き出てくるまで10分はかかります

その間、エアコンをONにしておくとひたすら冷気が流れ込んでくるので

オフにしてずっと我慢するしかありません

幸い、ステアリングとシートにヒーターがあるので

それでなんとかしのいでますけど、これはホントに辛い!

せめて5分くらいで暖気になるよう改善して欲しいです

 

マツダ車 ウィークポイント④ パワーウィンドウとワイパー

ワイパーについては以前の記事でも触れてますけど

ここも最優先で改善してほしいので改めて言います!

マツダ車はエンジンを切るとワイパーのモーターも連動して止まります

結果、こんな状態で途中で鎮座してしまう事もしばしば💦

途中で止まってしまうマツダ車のワイパー

過去40年、日産・スバルといろんな車に乗ってきましたが

こんなみっともない現象は1度も見た事がありません

通常、イグニッションをオフにしたら

ワイパーは元の格納位置に戻ったところで止まるもんです

これ、世界の常識>マツダの非常識だと思います

途中でワイパーが止まってるのって、外部から見てもカッコ悪いですし

マツダの技術力まで疑われちゃいますよね

もうひとつはウインドウ

車内でエンジンを切って一休みしてる時

ふと窓を開けたくなる時ってありますよね

そんな時、ACCに入れてやれば他社の車は作動したんですが

マツダ車の場合、エンジンをかけないと作動しない仕様になっていて

これまたかなり不便を感じます

最近の車はエンジンを切っても細部で電流が流れているので

バッテリー保護のための対策なのかもしれませんが

他社でできているならマツダだってできるハズですよね

 

マツダ車 ウィークポイント⑤ 車内ノイズ

低速な市街地走行ではあまり気になんない事だけど

60kmを越えると路面直下からのノイズが

かなりダイレクトに車内に入ってきます

CX5に限らず、仕事で使ってるデミオでも感じた事なので

基本的なフレーム構造か、タイヤハウス周辺の遮音材に問題があると思われ

速度が増していくのに比例してそのノイズは大きくなります

舗装路面にもいろいろあるけど、特にコンクリート路面になると

不快になるくらい低域のロードノイズが入ってくるのでここは改善して欲しいですね

低速でもちょっとした段差を越えた時にかなり大きなノイズが入ってきて

はじめはボディがやられたかとビビってしまうほどでした

ディーゼルのエンジンノイズがほどよく遮音されているので

なおさら残念に感じます

 

 

 

マツダ車 ウィークポイント まとめ

ここで紹介したマツダ車のウィークポイントは

どれも走行に関して重大な欠陥があるものではありません

しかし、塗装の弱さ・ワイヤレス充電の不具合

ヒーターの問題・ワイパーやウィンドウの不便さ

どれをとってもマツダ車だけの特有なものばかりで

他メーカーではあがってこない問題です

それはつまり、塗装の弱さを覗けばどれもちょっとの努力で改善できる事で

それほど難しい事ではないと思うんですよね

クリーンディーゼルやボディの美しい曲面加工など、

他社にない魅力をたっぷり詰め込んだモデルが多数あるのに

これはとっても残念な事です

どんなクルマにもネガティブなウィークポイントはあるものですけど

マツダ車が好きだからこそあえて記事にしました

マツダさん!ぜひとも改善お願いします!!

 



 

-カーライフ
-, , , ,