カメラスキル

カメラ初心者はまずコンデジから学ぼう!

初心者がカメラの仕組みや操作のコツを学んでいくには

なにより手ごろで汎用性があるカメラが理想

結論から言って、最初から高価なカメラなんて必要ありません

安価でおよそ日常の風景ならなんでも撮れるコンデジが最適です

手軽さでいえばスマホが一般的ですけど広角過ぎるし味気がないです

機械はなんでも「使う」「扱う」意識がないとスキルは伸びていきません

多少でも「どうすりゃいいんだ?」的な疑問がないと進歩しません

疑問と解決、これの繰り返しで進歩していくワケですが

あまりに操作が複雑過ぎたらはじめから挫折しちゃいますよね

コンデジは初心者から始められて操作もそれほど難しくはありません

手軽さという面でもオールマイティに使えるので入門用には最適なんです

では、その魅力についてお話していきますね

 




 

 

1:コンデジは価格が手ごろ

コンデジ

まずはなんといっても価格が手ごろで手を出しやすいのが魅力

今や高級品になってしまったスマホに比べたら破格のお値段で購入できます

そこそこの倍率の光学ズームが備わっているものでも2~3万で手に入るのは嬉しいところ

最近ではスマホの高画質に対抗してか、安価でも高感度のセンサーを備えたものが

出回るようになってきました

多彩なエフェクトができるものもあり、必要にしてじゅうぶんすぎる機能が備わっています

のっけから高級カメラとかにこだわる必要はまったくありません

一眼やミラーレスは、コンデジで知識や絵心を身に着けてからでもじゅうぶんです

価格帯としては2万円後半くらいまでのものでいいので、気楽に始めましょう

まずは機械を操って撮っていく事に慣れていくのが先決です

 

2:コンデジでも一眼レフ並みの表現ができる

画質は当然一眼やミラーレスの方が優れていますが、

コンデジだって広角から望遠まで多彩な表現ができます

一眼は構造が複雑で機能や高画質にこだわった部品がいっぱいあるため

それ自体にお金がかかっているのでその分高価になります

が、コンデジは画質では劣っても汎用性でいえば一眼より便利な点がたくさんあります

一眼は用途により様々なレンズ交換が必要になりますが

コンデジなら広角から望遠まで、たった1台でこなしてくれます

もちろん、マクロ接写なんかもできちゃいます

最近では一眼レフやミラーレスにしか搭載されていなかった画像処理システムや

高性能イメージセンサーがついたものも出てきており

画質だってどんどんよくなっています

 

3:スマホよりコンパクトなコンデジ

コンパクト性、これもコンデジの魅力です!

表面積だけでいったらスマホより小さいです

なのにスマホよりも精度の高い光学レンズがついていて

重さだってスマホよりちょっとあるかな?くらいです

スマホは構造上1センチもない小さなレンズしかついてませんが

コンデジはその何倍もの大きさのレンズが付いてます

このレンズの大きさって実はすごい大事で、

直径の大きなレンズほど光学的な解像度があがっていきます

スマホよりいいレンズがついていてさらにコンパクト、これは大きな違いです

直径の大きなレンズというと一眼レフになりますが

一眼だと標準、広角、望遠など、レンズもシーンや狙い目によって

様々なレンズを用意しなきゃいけなくなるし

ボディだって大きくなって重くなってしまいます

記念日とかイベントなど特別な日ならまだしも、毎日持ち運ぶワケにはいきません

コンデジなら手軽にバッグに入れておけるし、撮りたいものがあったらすぐ取り出せます

日常でふと「あ!これ撮りたい」なんていうシーンありますよね?

そんな時、解像度の高いレンズでサクっと使えるのがコンデジ最大の魅力なんです

 

4:操作がしやすい

単純な話、ワンタッチで電源入れたらあとはシャッター押すだけ!

ズームしたかったらレバー操作ですぐに思ったサイズ作れます

ちょっと暗いな~とか、逆光だ!なんて時でも

手元のダイヤルで素早く正確に補正できます

このあたりはスマホでやるとかえってモタついてうまくできません

あの「指」だけでうにょうにょやるのって意外にメンドくないですか?

思った通りの明るさにできなかったりしてイライラ操作しているうちに

せっかくのチャンスが逃げてしまいます

遊びで撮ってるならあきらめもつきますが、

残しておきたかったシーンだったりしたらガッカリですよね

 

5:液晶が鮮明で明るい

スマホの液晶は晴れた屋外に出るとほとんど見えなくなりますよね

スマホもコンデジも同じ液晶ではあるんですが

コンデジの液晶はスマホより輝度が高く

屋外での撮影も想定して設計されているので

シーンを問わず見やすくなってるんです

最近では液晶パネルが本体とは別に独自に可動する方式のものが標準になりつつあり

スマホと差別化するアイディア機能として人気があります

マルチアングル液晶

 

6:ファインダーで映像の世界に浸れる

ファインダー

ファインダーは一度覗いてみればそのよさが分かるハズ!

スマホのような液晶で見てるのとは大違いで、

ファインダーで覗くと狙った映像以外のよけいなものが目に入らなくなるので

被写体と構図に集中できます

その映像からなにかしらの感情を得る事ができるのもファインダーのいいところ

自分だけの映像の世界にどっぷり浸ってアングルを作れます

しかもカメラと人体が密着してひとつになるので手ブレもしにくくなります

最近はファインダーのない液晶のみのモデルも発売されていますが

これだと液晶を見るためにカメラを体から離さなければならなくなり

腕が伸びた分、不安定になってしまいます

不安定になれば手ブレの原因にもなります

スマホですっかり液晶慣れしちゃってる人って多いと思いますが

コンデジはファインダー付きのモデルが絶対おススメです

 

晴空
コチラは僕が普段持ち歩いてるコンデジ。ファインダー内蔵・面倒な操作ナシで重宝してます!


 

7:置いて撮れる・三脚が使える

スマホは単体でテーブルや地面に置いて撮る、なんてほぼできません

が、コンデジだったら厚みがあるのでどこでもちょこんと置いて撮れちゃいます

カメラの三脚用ネジ穴

しかもボディの底にはネジ穴がついているので、三脚に容易に装着する事も可能

くるくるっと回して任意の高さにするのもカンタンです

三脚は一眼みたいに重くてしっかりしたものじゃなくてもOK

軽量三脚でじゅうぶん安定した固定撮影ができます

 


 

8:動画だってこなせます

動画系カメラでコンパクトっていうとアクションカムがありますね

どこにでも固定できてヘルメットとかバイク、どこにでも取り付けられます

ですが、そういった系にしか使えないワリにそれなりのお値段しちゃいます

しかもGoProとかだと毎年新しいのが出てくるので

いつが買い時なのか分からないし翌年いいのが出たらガッカリなんて事も・・

コンデジは元来「静止画カメラ」として作られているので

ここに特化した形状になってはいますが、実は動画だってこなせます

レンズによる光学ズームができる強み、このあたりはコンデジに軍配!ですね

音声もアクションカムよりいいマイクが内蔵され、よりいい音で録る事ができます

 

9:ブログやSNSにもオススメ

 

最近のデジタルカメラにはNFCという便利な機能が搭載されていて

コンデジにも採用されるようになりました

NFCはWi-FiやBluetoothを使ってワイヤレスでデータを転送するもので

これを使えばカメラをスマホやパソコンに登録するだけで

任意の画像をサクっと転送できるようになります

デジカメで撮った画像をすぐにSNSにあげたい、なんて時は重宝しますよね

 

 

10:コンデジをオススメする理由 まとめ

スマホに慣れちゃって、「カメラってこんなもの」なんて思ったら大間違い!

使えば誰でもその違いに驚き新しい世界を撮るきっかけが作れます

カメラに興味が湧いてきたらまずはコンデジで慣れる事

カメラのなんたるか、レンズの特性、機能や操作など

コンデジはカメラの基本的な事を手軽に体感する事ができます

知識を深めて、撮る楽しさを覚えたら

自分のスタイルに見合った一眼やミラーレスを選べるようになり

知識があれば選ぶ時にも迷わず絞りこめますからね

色の再現性、諧調やキレのよさで選ぶならキャノンだったりニコンだったり・・

感度や軽さ、豊富な機能で選ぶならソニー、とか・・

自分が何にこだわっていくかによって機種も様々選ぶ「目」ができてきます

 

安価なのにスマホより画質もよくてコンパクト

そして汎用性が高い

カメラの登竜門! それがコンデジです

これから高級機でカメラやってみようかな~?

でも複雑でちゃんと扱えるか不安・・

なんていう人はまずコンデジで理解を深めていく事をおススメします

ちなみに僕も普段はコンデジを持ち歩いています

持ち運びを考えるとこれが一番ラクで

不意に撮りたいものがあった時、すぐに撮影できるのでとても便利です

カメラ選びに悩んだらまずはコンデジからスタートしましょう!

 




-カメラスキル
-,