動画制作

【ビデオカメラ】ハンディタイプとハイエンド機の違いって何?

先日、とあるイベントのお手伝いで

人生で初めて小型のハンディカメラなるものを使いました

プロのカメラマンとしてはあまりに小さすぎて無茶苦茶使いずらかったです(*ノωノ)

何が一番のストレスだったかっていうと操作系のスイッチやリングが少ない事!

これに尽きました

ハンディタイプのビデオカメラって録画ボタンとズームレバーがあるくらいで

明るさやフォーカスといったカメラの基本になる部分を直接操作できません

これを例えていうならキーボードのないパソコンって感じです

何をやるにも画面メニューから呼び出してタッチ操作・・・

こんな事してたらせっかくのシーンも取り逃がしてしまいます

静止画のデジカメと違い、ビデオカメラっていうのは

撮影している間、ずっと映像をマネジメントしなければなりません

画面固定の解説動画ならハンディでも全然オッケーですが

ロケものの場合は随時撮影条件も変わってくるので

こんなカメラじゃとうてい映像表現なんてできません

・・って事で、ここではハイエンドビデオカメラが

いかに使いやすく便利なものなのか

安価なビデオカメラと何が違うのか・・をお話しします

ロケものの動画を撮ってるユーチューバーさんにはとても参考になると思います

 




 

 

ハンディビデオカメラのメリットとデメリット

ハンディビデオカメラ

初めて動画を撮影したカメラは何だった?って聞かれたら

おそらくスマホって答える人が多いでしょう

そしてやがて、スマホじゃ単調な動画しか撮れない事に気づき

次に手にするカメラがハンディタイプだったりするんだと思います

スマホと違ってハンディタイプになるとなめらかにズームができるので

これだけでも映像表現の幅は確実に大きくなります

音声もスマホのマイクに比べたら全然よくなりますからね

しかし、やはりハンディはハンディなんです

簡素化されてるからこそのメリットもあるけど

構造が極端にシンプル過ぎて逆に使いずらいところもあります

まずはハンディのメリットからお話しますね

 

ハンディビデオカメラのメリット

ハンディタイプのビデオカメラは小型で軽量なので

いつでも気楽に持ち運びできるのが最大のメリットです

カバンに常に入れておき、撮りたいものがあったらさっと取り出せる

液晶を開いたらあとはボタンを押すだけで撮れちゃいます

難しい調整は全てオートでやってくれるので

最低限、動画と呼べるものは撮る事ができますね

テレビ業界でもこの利点を生かしてニュース記者などは

メモ代わりに常にハンディを持ち歩いてます

小型軽量なぶん、消費電力も少ないのでバッテリーも長持ちします

つまり、ハンディビデオカメラのよさは

誰でもどこでも手軽にカンタンに撮れるところ、といっていいと思います

ネット動画で使うなら固定撮影メインの解説系に向いています

 

ハンディビデオカメラのデメリット

一見、誰でも撮れて便利そうに見えるハンディビデオカメラですが

シンプルに小さく作られている事が最大のデメリットになる事もあります

小さいがゆえに各種の操作は省かれて全てオートでやるのが基本

動画に凝っていくとピントや明るさも自分で操作したくなるもんですが

それが手軽にできないという点が最大のデメリットになります

 

デメリット① 液晶しかなく小さくて見にくい

小型ゆえ、液晶も小さくせざるをえない

カメラは映像を確認する画面がなくちゃ撮れません

それが小さな液晶しかないと、おおざっぱにしか見られないんですよね

細かいところまで確認ができなくて

オマケに晴れた日は液晶が反射して見えにくくなる

撮ってきたものをあとから大画面で見ると

意図した画風に撮れてなかった、なんて失敗もあったりします

 

デメリット② 画面が安定しない

小型ゆえ、ちょっとした手首の動きにも反応してしまい

不安定な動画になりがちです

手ブレ補正はハンディでも今や常識ですが

この機構ってそもそも小型カメラがブレやすい事から発想されたものなんです

カメラは大きくなればそれだけ安定感が増しますが

軽くて小さいと、どうしても安定感のない小刻みなブレが生じてしまう

そのための手ブレ補正なんですが、これもまた絶対ではなく

どうしてもカクカクして安っぽい動画になってしまいます

解説動画や個人で楽しむのならこれでも構いませんけど

手持ち撮影のあるロケもんの動画としてネットに投稿するとなると

絵そのものがチープになるので不向きです

 

デメリット③ 多彩な映像表現ができない

ビデオカメラのレンズ操作には

フォーカス/ズーム/アイリス、という3つの基本操作がありますが

ハンディにはズームしかありません

明るさやフォーカスは液晶メニューから呼び出してタッチ操作で行えるけど

相手が動くものだった場合、そんな手間をかけてたら間に合いませんよね

明るさに関してもAI任せなので、逆光になると

画面が暗くなったり明るくなったりして不安定になります

ズームも強弱がやりにくく、早いズーム/遅いズームの使い分けがほぼ不可能

画面をボカした状態からピントを合わせていく

あるいはその逆、フォーカスイン/フォーカスアウトといった

ビデオカメラならではの基礎的な映像表現すらできません

 

デメリット④ ボディが華奢で異音が入る

ハイエンドカメラと違ってハンディタイプは

一般の素人向けに作られているので作りも華奢

ちょっとぶつけただけで割れてしまうくらい素材も安っぽいものでできています

それゆえ、液晶の角度をいじったりグリップをにぎり直したりしただけでも

ミシミシとパーツ同士がこすれ合う嫌な雑音が入ってしまい

これが内蔵マイクで収録され不快な音声になってしまう

これも映像を安っぽくしてしまう要因になります

 




 

ハイエンドビデオカメラのメリットとデメリット

ハイエンドビデオカメラ

ハイエンドカメラの価格は相応に高価になります

およそ一般に出回っているHD規格のハンディの3倍~4倍

4K対応のと比べても2倍以上はします

が、それ以上の価値はあり、ハンディで感じるようなデメリットはまったくなくなります

 

ハイエンドビデオカメラのメリット

ざっくりいうと、レンズの口径も大きくなって

各パーツの素材そのものの材質も違ってくるので

そこで画質をはじめとした性能に圧倒的な差が出ます

作りもしっかりしているので壊れにくく

映像も素人目で見てハッキリ分かるくらい格段によくなります

 

メリット① 手早く操作する事ができる

エッ!?て思うかもですが、これ本当です

ハイエンドを見るとボタンやスイッチだらけで難しそうに感じてしまいがちですが

これらはハンディの液晶メニュー内に隠されていた各種の操作が

ボディ表面に出てきただけなんです

ボタンやスイッチ類は撮影中に操作したいものがメインになってて

必要に応じて瞬時に操作できるからまごつく事もありません

ズーム/フォーカス/明るさ(アイリス)もレンズリングとして独立していて

直感的に操作ができるため操作するストレスがなくなります

 

メリット② 多彩な映像表現ができる

ハンディタイプのレンズ操作はズームくらいしかできませんが

ハイエンドになるとフォーカスやアイリスまで直接いじれるので

明るさを任意に変えたり、わざとフォーカスをボカしたりと

レンズ系だけでもいろんな表現ができるようになります

さらにはタイムラプス・ループREC・ハイスピードなど

特殊な撮影機能もついているので、撮影意図に合わせて

多彩な映像表現が可能になるのも魅力といっていいでしょう

 

メリット③ 様々なマイクが使用できる

ハイエンドの内蔵マイク音質はハンディよりちょっとよくなったかな?

程度のものですが、タイプ別に様々なマイクを入力する事ができるのが強み

ワイヤレスや遠くの音を鮮明に狙うガンマイク

人間の声だけを拾うハンドマイクなど、用途に応じて使い分けしたり

2種類の音声を同時に収録できるので

のちの編集の際にシーンごとにチャンネルを選択したりミックスする事もできます

 

ハイエンドビデオカメラのデメリット

デメリットとしては、ハンディに比べて大きくなる分

気楽に持ち運べなくなるっていう点があげられます

価格も最低20万円以上と高価になるので安易に買う事もできません

 

デメリット① 重量

ボディの大半はプラスチックですが、頑丈で素材のいいものが使われており

レンズも大口径になるのでハンディに比べたら倍以上重くなります

 

デメリット② アクセサリーが高価

ハンディ用のアクセサリーっていうと超小型の外部マイクくらいしかありませんが

ハイエンドの場合、ボディが大きくなって取り付け部も増えるため

LEDライトやワイヤレスマイクなど、様々なものが使えるようになります

価格もそれ相応で、三脚だけでも最低2万円以上はします

LEDは1万円前後、ワイヤレスマイクは6万円以上と

一通り揃えようとするとかなりの予算を計上しなければなりません

中クラスのハイエンド機、SONY-PXW-Z90との組み合わせでも

およそ35万くらいは必要になります

しかし、一度手にしてしまえば不満なく長く使えるのがハイエンド機のいいところでもあるので

映像表現にこだわって制作したいのであれば

初めから投資するつもりでチョイスしておく事をオススメします

 

ハンディとハイエンドの違い まとめ

価格的にはハンディの倍以上になるハイエンドですが

華奢で汎用性に欠けるハンディに比べたら価格以上の価値

ハイエンドにはあります

簡単に言ってしまうと、記録するのがハンディ

作品を作るのがハイエンドってところです

YouTubeなどで動画制作をしていく場合、

はじめはハンディでやり始めたとしても、

映像表現に限界があるのでそれなりの安っぽいものしか撮れません

言葉を返すと、やりたい事ができないのがハンディとも言えます

その限界を知ってしまった結果、

高い買い物をしたと後悔するのがハンディタイプ

ハンディに10万とかかけるくらいなら、

倍の価格のハイエンド機を買ってしまった方が後悔しません

ハンディとハイエンドでは画質もまったく違うし操作性も向上するので

映像全体のクオリティがあがります

ネット動画もこれからは質が問われるようになってきます

固定画面で勝負するようなジャンルならハンディでも十分ですが

ロケものでやっていくならハイエンドをチョイスしておくのがベストです

 



-動画制作
-, , , ,