海外ロケ

世界遺産 ソコトラ島初上陸の軌跡 vol'3

夕陽に映える龍血樹

こんにちは!

テレビカメラマンの晴れが実際にロケしたエピソード

ソコトラ島初上陸の軌跡

Vol’1~2では日本を経ちドバイを経由して

サナアにたどり着くまでをお届けしました

第三回となる今回はいよいよソコトラ島へ上陸です

2008年12月19日・・

この時点で日本人としてこの島を訪れたのは僕たちが初でした

この島で独特の形に進化した龍血樹もここでたっぷり紹介します!

 

 

邦人初のソコトラ島上陸!

 

こちらがソコトラ空港

世界遺産に指定された事でリニューアルした印象・・

邦人の初上陸第一歩です!

ソコトラ空港外観

 

我々を待っていた現地ガイド兼ドライバーさんの車両に機材を載せ

いったん島の中心部ハディブにあるホテルへ直行します

現地タクシーへ荷物を載せる

 

 

 

タージ ソコトラホテル

島で唯一の観光ホテルだそうで、とりあえずチェックイン

タージ・ソコトラホテル外観

機材を搬入したらノドがカラッカラ!

売店ダッシュでなんとなんと!   コーラをゲット!

まさかこんな離島でコーラが飲めるなんて・・・

さすが世界のコカ・コーラ!

食料などの物資にちょっと不安がありましたが幸先はいい感じ!

これからの数週間、これでもう安泰です(笑)

ソコトラホテル室内 アラブのコカ・コーラ

 

 

チェックイン当日は機材や身の回りを整理するので手一杯でしたが

翌日ホテル屋上に上がって街全体を見てみました

ホテル屋上から見たソコトラの山並み

 

島の建物は高い塀で囲まれていて、その中に家屋を作る

中東郊外でよく見る一般的なもの

映画なんかでもこんなたたずまいがよく出てきますよね

 

定番のモスクも各所に点在していて、その向こうには青々とした地中海が望めます

ホテルから見えたモスクと地中海

 

 

 

龍血樹の幼木

 

ソコトラの進化~自然は大陸部とはまったく別モノです

インド洋のガラパゴスの異名もあり、植生する植物約800種のうち

4割弱が固有種なんだそう

そんな独特の自然環境で育った動植物も温暖化により絶滅が危惧され

一部の植物は島の人たちの手によってその子孫が保護されていました

こちらがその龍血樹の幼木、いや苗といった方がいいのかな

これが1本の木になるには100年以上の月日が必要ですが

こうやって保存する姿勢が見られるって事からすると

島にとっても貴重で象徴的な植物なんだなぁって感じますよね

龍血樹の幼木

 

ボトルツリーの幼木もありました

この島のボトルツリー

これがまた独特の形状なんです

この幼木は高さ15センチにも満たないほどですが、

立派に育つと大人ほどの高さにもなります

ちっちゃいのにもういっぱしの形、片鱗がありました

ボトルツリーの幼木

 

こちらのボトルツリーやその他の固有種についてははvol'4でお届けしようと思います

 




 

ソコトラ島情報収集

 

上陸後、まずはソコトラを把握するため観光局へ

歴史や絶景ポイントなどをディレクターが聞き込みしました

ここで教えてもらった絶景ポイント☆

このあとvol'4で紹介しますがこれまた大感動でした!

下調べはやっぱり大切です(⌒∇⌒)

 

ソコトラ島観光局外観

 

待ってる間、観光局の警備さんと仲良しになり、すかさずスナップ!

フツーに接してる時は笑顔なのに、イエメンの男性は写真となると

急に真顔でキリっとしちゃうんですよねぇ(*ノωノ)

警備員さんと筆者の2ショット

 

晴れはまだ局勤務しているので顔出しできませんが、

退社したらこの☆マークは外します!(笑)

 

 

龍血樹とご対面!

 

さてさて、調査も終わったところでそろそろ龍血樹が

植生しているところへ向かいましょう!

ソコトラ島の住宅群と切り立った山並み

 

龍血樹は昔は標高の低いところにもあったそうなのですが

温暖化によって必要とする水分が低地では摂取する事ができなくなり

現在ではこのハギール山脈の向こう、雲や霧が発生しやすい高地でしか

見られなくなったのだそうです

 

ホテルから車で約40分、山脈の裏側に上がって行ってようやく出会いました!

 

まずはドライブショットでの龍血樹!

こちらがさっきの山の向こう側になります

ディクサム台地手前に群生する龍血樹

標高が高くなっているのが雲の位置でもお分かりかと思います

晴れもビックリしました! まさかこんなに!

絶滅を危惧された龍血樹は水分を求めて高地へとその住処を変えていたんですね!

まずはこの一帯の地理を知るため、ガイド兼ドライバーの

アフンマドさんの紹介でこの地に詳しいシェバホン村へ案内されました

シェバホン村の子供たちと初対面

 

日本人を見たのはこの子たちにとっても初めて!

晴れたちもキミたちとは初対面! Nice to meet you!です(^▽^)/

 

 

この方が部族の長、キバニさん

シェバホン村の部族長、キバニさんと筆者の2ショット

 

言葉なんて分からなくてもまったく問題なし!

数分のあいさつモーションと笑顔ですぐに仲良くしちゃうのが晴れの特技(笑)

キバニさんによると、彼の代から龍血樹はすでにこの地にあったようで

かなり前からこの高地に根付いている事が分かりました

 

翌日、撮影を開始します

筆者の龍血樹撮影風景

 

ほんとならがっつり大地に腰をおろして撮影したいところなんですが

ここには猛毒のサソリやムカデがいるので

そんな恐ろしい格好も簡単にはできません(;・∀・)

龍血樹が作る日陰で休憩するスタッフたち

 

こちらは中くらいの龍血樹

休憩するにはじゅうぶんな大きさで、日中は暑さをしのぐ日陰をずっと作ってくれます

龍血樹を下から見上げた図

 

下から眺めると無数の枝が放射状に伸びているのが分かります

これもまた奇妙な形状ですよね

 

シェバホン村の中心にある巨大な龍血樹

 

この龍血樹はこの一帯では最大

キバニさんの村、シェバホンにあり、シンボル的な存在となっていました

専門家の分析によると、ここまで育つには1000年以上かかると言われています

 





龍血樹がなぜ龍の血の樹と呼ばれるのか・・

象と戦った龍の血から生まれた説とか所説あるようですが

なんといっても大きな理由はこの樹液の色にあるんです

この赤い樹液が古くから珍重され、島では薬として止血剤にしたり

赤ん坊を産んだ女性に飲ませたりしてきたんだそうです

交易が盛んだった昔は顔料としてバイオリンや陶器などにも使われたみたいですね

 

龍血樹の幹から染み出す赤い樹液

龍血樹がなぜこんなキノコのような形をしているのか・・

おそらくこんな形をした樹木は地球上のどこにもありません

不思議ですよねぇ

こんな独特の形になったワケはこの島の気候そのものにあります

島は1年じゅうほとんど雨が降りません

水分の補給が必要な樹木は霧や雲が発生しやすい高地に植生を移します

そしてその水分を空気中からより多く得るためにこのような形になったというわけです

ディクサム台地の龍血樹群

 

主にディクサム高地というところに群生しているんですが

この一帯は霧や雲が発生しやすく、龍血樹以外にも多くの種が群生しています

ボトルツリーもこの一帯でよく見られます

 

ピンクの花をつけたボトルツリー 固有種スナガニが作る奇妙なピラミッド状の巣

次回vol'4では、このボトルツリーや絶景ポイント、謎の砂山を作るカニなどなど

多くの固有種や絶景を紹介します☆

 

 

写真素材無料【写真AC】

 




  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-海外ロケ
-, ,

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.