動画制作について

初心者のための動画制作基本セオリー

スマホの高画質化と高機能な無料編集ソフトが充実した事で

YouTubeに投稿する人がどんどん増えてますね

ネット動画には質的なボーダーラインがないので

公序良俗にさえ触れなければ誰でもどんなネタでもあげられます

自身や自社を発信する場として活用するチャンネルも多くなり

ファンを増やして稼ごうって人にとっても格好の場になってきました

が、その反面、こうやって増えていく動画をプロの目線で見させてもらうと、

これはやっちゃダメだろう!みたいな、作りの甘い作品も数多く見られます

どうせ俺らは素人だし!みたいな開き直りで作るからこそ

面白い動画が作れたりもするんだけど、動画には動画の最低限の作り方ってのがあり

基礎も分からず自分本位でやってたらよっぽどコンセプトがよくないと

ファンなんてそうそう増えません

今回は、山ほど見てきた素人動画でかなりの人がやっちゃってる事を

編集と撮影のそれぞれの視点から指摘しつつ、その改善方法をお話したいと思います

このアドバイスはテレビ業界でもセオリーとしているものなので

基礎を学ぶ意味でもぜひ知っておいてもらいたいところ

身に付ければ確実に動画の完成度が上がりますから

最後までしっかり読んで実践してみて下さい!

 




 

編集の注意ポイント=ダラダラ見せない

ノー編集だったり、必要ない部分があってもカットせず

ダラダラ流してる動画って素人がよくやってしまうやり方です

ひとつのシーンを定点にして同じアングルのまんまで

延々と流してる動画なんかもよく見かけますよね

これ、業界用語で同ポジ(=同じポジション)って言うんだけど

狙いがあるならともかく、何も考えずにやってると

見てる方は絵変わりしないので途中で飽きてきちゃいます

それを知ってか、つまらない部分をカットしてつないでる人もいますけど

この単純カットで編集するとつなぎ目の前後が同じ絵になるから

突然カクっとしちゃってみっともないし、何度もやってると

カクカクだらけになってどんどんクオリティが下がります

 




 

素材を自然な流れになるよう編集するには?

動画素材を編集していて見られたくないシーンがあった場合

やはりそこはカットしちゃいますよね

単純に切って前後をつなげる事を業界ではブツ切りの荒編集とか

カット編っていってるんですけど、テレビ局ではこれを下地作業でやる事はあっても

そのまま放送するなんて絶対にしません

喋りとかに失敗がなかったとしても、ダラダラ感解消のため

短く尺詰めしたくてこのブツ切り荒編をやっちゃう人もいますが

これが完成度を下げる要因になっちゃってます

プロ目線でいったら下地のまんまの未完成動画を流してるって事になり

放送事故といっても過言じゃありません

ブツ切りにした動画のイメージ

同ポジで絵が変わるのでカクついた動画になってしまう

さて、ではどうやってこれを解決するのか??

方法はいたってシンプル!

編集点に別撮りした素材をインサートする、です!

ここでは初心者でもできる方法を2パターン紹介します

たったこれだけで動画の完成度があがるのでぜひ覚えておいて下さい!

 

同ポジ素材編集手法その1 別アングル素材を入れる

喋りをメインにした動画なんかで特に有効なのがこれ!

動画を撮り終わったら、そこで機材を撤収せず

別アングルから再度同じシーンを撮っておきましょう

口パクが分かりにくい広い絵にしておく

もしくは顔が写っていない手元とかを撮影しとくのがポイントで

いずれもメインで撮ったポジションとは違うところ・・

つまり、絵変わりする斜め位置とかから撮影しておくのがコツです

口パクが分からない絵だったら同じ喋りを2回やる必要もなく

30秒くらい体を動かしながら喋ってる風の絵を抑えておけばOK!

この素材の適当な部分の絵だけ(音はカット)を

ブツ切りにしたつなぎ目=編集点の後ろの絵に

2~3秒インサートすれば完成です

ブツ切りにした動画にインサート画面を入れる

インサート画面を入れるとsつなぎ目に不自然さを感じなくなります

こうする事で視聴者にブツ切りにした事がバレずに済んで

自然な流れに見せる事ができます

もしカメラが2台あるならメインとインサート用に分けて

同時収録しておく、なんてのもアリです

 

同ポジ素材編集手法その2 静止画と効果音を使う

第2の方法として、編集点に静止画と効果音を使うって方法もあります

こちらは喋りメインの動画だけじゃなく、

あらゆる動画編集に生かす事ができるやり方です

手順としては、テーマや狙いに合った静止画+効果音を

カットした編集点へインサートするだけなのでそれほど高度なテクは必要ありません

静止画に説明のテロップなどを乗せておけばより親切で伝わりやすくなります

手持ち撮影などで尺の長くなった動画を切り詰める時や場面転換させる時にも有効で、

これは絵をつないでいく作業の基本にもなるので覚えておいて絶対損はありません

 

撮影の注意ポイント=水平が左右に揺らぐフラフラ撮影をしない

手持ち撮影の素人動画でよくあるのがこれです

画面に水平感がなく、船に揺られているかのごとく

左右にフラフラしてるのって見ていて気持ち悪くなります

もう、これだけでド素人感丸出しになってしまって

つまらない作品だと思われてしまうので要注意!

これを防ぐにはフレーム全体を見るバランス感覚を鍛えるしかありません

フレーム(画角)の底辺を水平ベースラインに見立てて、

画像全体が斜めになっていないかを常に気にするよう心がけ

左右にフラつかないような持ち方を自分なりに工夫してみましょう

ビデオカメラの液晶画面

水平を保った絵撮りをするには液晶のフレームを意識する

手持ちのコツは広げた左の手のひらの上にカメラを乗せる、です

この手のひらが水平になるようイメージして維持する事で安定感を出せます

ちなみに、水平を安定させるための道具にジンバルってのがありますが

これを使うと物理的に他のカメラ操作ができなくなり

映像表現の幅をせばめてしまうので、メイン使いはプロとしてはオススメしません

 

撮影の注意ポイント=広角ばっかりの単調な撮影をしない

静止画、動画問わず、アップで見せたいものがあると

つい広角のまんまレンズごと間近に近づけて撮ってしまう

これも多く見られますよね

広角で撮影するとピンボケしにくく楽に撮れちゃうので

多くの初心者がやってしまう撮影法なんですけど、

画風に変化がないので安っぽい作品になってしまいがち

個性がなく単調な絵ばっかりになってしまうと、

ワンパターン化して印象にも残らなくなり、

次回もまた見たいっていう気持ちが失せてしまいます

スマホのようにスムーズな画角の切り替え(ズーム)ができないならまだしも

せっかく光学ズームができるビデオカメラがあるのに

終始広角撮りしてる方がいたらここは注意しましょう

手持ちとかで動きのあるシーンを撮影するなら寄り引きはしないよりやった方が

絵にリズム感が出るし、ズームすると見せたいものだけにピントが合うので

何を見せようとしてるのか、その意思が見る側に伝わり視聴者を引き込む事ができます

反対に、広角でアップにすると周囲にもピントが合ってしまって

視聴者に視点がなんなのか伝わりにくくなり、常に画風が変わらないので

単調な動画になってしまうというデメリットがあります

ズームインで被写体が近すぎると焦点距離が足りず、

ピンボケになってしまう事もありますが、これは決められた一定の間隔を

保つクセをつけてしまえば解決できる事

ズームの寄り引きタイミングは慣れないとやりずらく感じますが

少しずつ要所要所でトライしていけばリズムやコツもつかめてきますし

より分かりやすく「見てもらえる」動画になります

 

音声の注意ポイント=音量や音質は重要!

静止画は音がなくても成立するけど動画はそうはいきません

イメージビデオなんかだったら後から音楽を乗せる事もできるけど

現場の音が必要な動画は、音質が不明瞭だったり音量が低かったりしたら

せっかく撮った動画そのものが台無しになってしまいます

周囲の雑音にも注意が必要で、あとで再生してみたらノイズだらけで

まったく使えない!なんて事もあり得ます

また、ほとんどの人が内蔵マイクを使っているにも関わらず

その指向性を知らないがために、話し手が喋ってる時に

カメラが別方向を向いてしまっていて

音声がクリアに録音されていない事がよくあります

こういった場合は、喋り手優先で撮影しておくのが業界のセオリー

もし喋りに補足したい絵があるなら、

それは後で撮影して編集でインサートすれば解決します

動画の音声については別記事で詳しく解説してるので

参考にして下さい

音声収録で注意すべきポイントの記事

 

素人動画から脱出する方法 まとめ

自分は素人なんだし、そもそもネット動画なんだから

手間のかからない方法で気楽にやりたい

こう思っているうちは絶対に視聴者は増えませんし

すぐに飽きられてしまいます

なぜなら作る姿勢が自分ファーストだから、です

動画は見て楽しんで役に立ち、満足してもらってこそ意味があります

視聴者を意識し心をとらえてこそファンってつくもんで

テレビ局はここを最大限重要視しています

動画はネタ選びと構成に始まり最後は編集で終わります

この工程のどれもが大切なものであり、ひとつも手を抜けるものはありません

ネット動画も群雄割拠の時代

ひとつひとつにこだわって質を上げ、見やすい動画を目指していかないと

ファンが増えずにやった努力も徒労に終わっちゃいます

そうならないために、まずは今回話した基本セオリーを実践してみて下さい

ファンを増やすには総合的な質を高めていく事が大事で

撮影や編集以外にも演出とか構成とか

いろんなもんが複合的にうまくかみ合う事が理想だけど

まずは撮影と編集の基礎基本を知ってマスターするのが先決です

全ては視聴者のためにをコンセプトにして頑張って下さい!!!

今回はこれで以上になりますが、

動画制作で相談事や批評、アドバイスを求めている方がいたら

Twitterもしくはメールで受け付けていますので

いつでも気楽にお寄せ下さい☆

 



 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-動画制作について

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.