海外ロケ

モッタイナイは世界の共通語

https://www.sunnydays365.com

こんにちは!

テレビカメラマンの晴れが実際にロケ取材したエピソード

体験記=海外編 今回はニューヨークでのお話です

 

にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ
にほんブログ村

 

みなさん、食品ロスについて考えた事ありますか?

農水省発表の資料によると、国内で年間600万トン以上の

食べられる」物が無駄に廃棄されているんだそうです

これを国民一人当たりに換算すると、

毎日ご飯1杯分を捨てている計算になります

今回は食品ロスに関連したドキュメンタリー撮影で

ニューヨークへ行った時のお話になります

晴れ
晴れはテレビのカメラマンで本気の撮影はテレビカメラでやっているので ここであげている写真は記録スナップ 手ブレしているものもありますがご容赦を 

 






 

MOTTAINAI=モッタイナイ

 

この言葉、世界のどこに行ってもこのまま発音して通じるって知ってましたか?

2004年、環境分野で初めてノーベル賞を受賞したワンガリ・マータイさんが

世界に広めた「日本語」です

何故共通語になったのか・・

それは、世界のどの言語にもこの「モッタイナイ」に相当する言葉がなかったからでした

日本の文化が生んだ世界に誇る言語なんです

そんな日本なのに年間600万トンもの食品ロスがあるなんて

逆にミットモナイ話ですよね

 

モッタイナイからはじまったトラッシュダイブツアー

 

一人当たりの食品ロスを世界で見てみると

日本はイギリス・アメリカ・ドイツに次いで4番目

食品ロスをなくす国内活動は通販などでも行われていますが認知度はまだまだです

そんな中、モッタイナイを愛言葉にアメリカではフリーガンと呼ばれる

路上に廃棄された食物を回収して利用する人たちが現れました

みんな個人で立ち上がった人たちばかりの集まりです

食べ物を拾って食べるなんて日本人には考えられないでしょうけど

欧米人はまず自分の考え=主張ありきという思考で行動します

他人にどう見られるかは日本人ほど気にしていないんですよね

 

 

フリーガン女性の自宅外観

 

こちらはフリーガンの運動をサポートしているシンディさんのお宅

見て「エッ?」と思われる方もいるでしょう

 

 

そこそこ豪華に暮らしているのがうかがえますよね

フリーガン女性の自宅内リビング

彼女の職業は画家で相応の収入もあるので、

拾って利用する事が生活に困ってやっているワケではないというのが分かります

無駄をなくす、食品のロスを抑えたい、そのポリシーが活動源になっているんです

彼らの主な活動はゴミ箱にダイビングする事

これ、トラッシュダイブツアーといって、路上のゴミ箱に

文字通りダイブして食べられるものや使えるものを持ち帰る活動なんです

トラッシュダイブするフリーガンのニューヨーカーたち

 

参加する人の中には医者や一流企業の秘書さんらもいます

晴れが撮影したのはニューヨークマンハッタン

ニューヨークは高級食品店なども多くあり

例えばバナナなんかはちょっと黒くなっただけで売れないと判断して

廃棄してしまう店もあります

主食のパンなどもその日に売れ残ると捨ててしまいます

これはほんとにモッタイナイ!

トラッシュダイブするフリーガンのニューヨーカーたち

 

 

とあるベーグル専門店ではフリーガンが拾う事を想定して

他のゴミと一緒にせず、ベーグルだけを「食べられる」状態にして

ビニール袋へ入れ廃棄してくれるところもあります

フリーガンたちは自分で必要な分だけを持ち帰るのがルール

袋は後からダイブしにきた仲間たちのためにちゃんと口を閉じて元に戻されます

晴れもこのベーグルを試食してみましたが、まったく普通に食べられるものでした

焼きたてのベーグル

 

このシステム、なにげにスマートですごい事だと思いませんか?

日本人だったら拾う行為自体に戸惑って恥ずかしさを感じるでしょう

拾っている光景を第三者が見たら軽蔑の視線も送るでしょう

なんか不思議ですよね

モッタイナイという言葉を生み出した日本人こそこういった活動をすべきで、

もっと社会に受け入れられるような風潮になるべきです

もちろん、そこには衛生面という問題もあります

であるならば、そこに知恵を絞ったらいくらでも答えは出てくると思うんですよね

売れ残って捨ててしまうのって食べられるものを捨てているワケですから

それはやっぱりモッタイナイです

余談ですが、都内某所に昔、「ハレルヤおばさん」という方がいました

売れ残った菓子パンを集めて路上生活者へ配る運動をしていたんです

こんな利用の仕方もあるって事ですよね

 




 

ロスされているのは食べ物だけじゃない

 

こちらのスナップは路上に捨てられたソファー

路上に捨てられたソファーに座るスタッフ

 

なにげにおどけて座っていますが、これ、立派に使える代物です

破損や汚れなどどこにもなくて、何故捨てられていたのか不思議でした

しかもソファーの横にはカーペットまで・・

都会に暮らす人たちにはとんでもないお金持ちも沢山います

おそらく別の家具を買って不要になったから廃棄したんでしょう

廃棄する背景にはフリーガンの存在もあったのだと晴れは思っています

日本式にいうと、「捨てる神あれば拾う神あり」です

きっと必要な人が拾ってくれるだろう、そう思っていたのかもしれません

普通に使えるものなのに廃棄されているのはソファーだけではありません

たとえばお店の改装で不要になった新品の洋服や文房具、タイミングによっては

ハロウィンで売れ残ったグッズなんかもあるんだそうです

 

自転車リサイクル店

こちらの写真は拾ってきた自転車をリサイクルしているお店

中には車輪だけ、フレームだけの廃棄物もあり、

それらを回収し組み立てて商売しているようです

ニューヨークという都会にはいろんなものが捨てられているんですね

モッタイナイ、モッタイナイ・・・

 




 

拾いものだけで生活している青年

 

拾い物で料理して味見をするジェイソン君

 

料理の途中でおどけたポーズをしてる彼の名はジェイソン君

彼は大学を卒業後、就職に失敗しシンディさんの活動を知って拾い物生活を始めた人物

もちろん、それだけでは寝泊まりする場が確保できないので

アルバイトをしながら仲間たちとルームシェアをしています

この彼が着ているパーカーももちろん拾い物

料理に使う素材などもみんな拾い物

ジェイソン君曰く、こまめにダイブツアーすれば期限切れのオリーブオイルや

冷凍のピザなど、種類にこだわりがなければいろんなものが回収できるんだそう

きちんとスナップしておけばよかったのですが

シェアルームにあった冷蔵庫の中にはなんとまるのまんまのケーキまでありました

 

まとめ

 

今回の話を書いていて、とある別の撮影で見た光景を思い出しました

産業廃棄物処理のドキュメンタリーを撮影していた時、

処理場にとある企業が販促用に作った大量の景品があったんです

社の銘柄が印刷された折り畳みの椅子や座布団、

それらを陳列するための棚など、もちろん無傷で新品なものが

大型シュレッダーの横に無造作に積みあがっていました

もうキャンペーンが終わって不要になったものなんでしょうけど

これを作るために無駄に材料を使い、無駄なエネルギーを消費し、

それを今度は破壊するためにまたエネルギーを消費している

これって滑稽な話ですよね

文明は人を豊かにしましたが、豊かさを得た代償に地球が犠牲になっています

その不要な副産物の最たるものが温暖化だと晴れは思っています

温暖化はオーストラリアとソコトラ島の記事でも触れていますが、

氷河が解け、海面上昇が進み、天候が変化し、地球は悲鳴をあげています

その悲鳴の代表的なのが近年大型化している台風

その規模は昔とは比べ物にならないくらい、年々深刻になっています

人類が無駄にしたものの代償は人類が背負う事になるんです

世界の共通語にまでなった「モッタイナイ

この言葉の意味を改めて考え直す時期にきているのかもしれません

 




 




  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-海外ロケ
-

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.