直伝テクニック

雨を表現する画像の撮り方

雨を題材にして写真を撮ってみたい

そうは思っても、実際何をどう撮ればいいのか・・???

こんなお悩みにも答えたくなっちゃうのがこのブログ(笑)

論より画像!

何はともあれ、自分の作品をお見せしながら解説していきます

 




 

 

雨のイメージとは?

みなさんは「雨」って聞いて何をイメージしますか?

雨雲・傘・カエル・あじさい・水たまり・かたつむり・長靴・・

雨をイメージさせるものっていろいろありますけど、

雨を実際にとらえるには「雨」そのものが写ってないと話になりません

普段生活している中で見る雨の光景を思い出してみて下さい

そこには雨脚・しずく・水面にできる波紋などが浮かんでくるハズ!

これらをとらえられるようにするために、ひとつずつ解説していきます

 




 

① 雨脚を撮る

モミジの葉からしたたる雨粒

大雨の中、傘をさす人々

雨はシャッタースピードにもよりますが、

たいていはこんな感じに線になって写ります

雨の線は白く写るのため背景が明るいと見えにくくなるので注意!

ポイントとしては暗めの背景がある場所を選ぶ事と

雨脚のフォーカスをボカして太く見せる

単に雨脚だけを写したいなら暗い背景さえあれば写りますが

それじゃああまりにも味気ない画像になってしまうので

この画像のように、何か別の被写体にピントが来るようにして

その前後の雨脚をボカして太く写るようにしましょう

レンズは広角より望遠系にした方が写りやすいです

晴れ
スマホなどのデジタルズームは光学ズームじゃないのでボケませんから注意です

 

② 雨の波紋

蓮池に浮かぶ雨の波紋

こちらは池の水面を狙った画像です

雨量が少ないと、その分波紋も少なくなるので

ある程度、雨量はあった方がベターです

水面は空が反射してると真っ白になり波紋が見えにくくなるので

レンズを向けた反対側に建物や林があって、

水面の映り込みが暗くなっている事が条件になります

アングルは水面に対して45度くらいになるよう意識してみて下さい

晴れ
雨量が多いとカメラやレンズが濡れる可能性大なので注意して下さいね

 

③ キラっと輝くしずく

アジサイの花びらに溜まった雨粒

しずくはキラっと光ってこそなんぼです

実際に肉眼で見てみるとよく分かるんですが

光って見えるしずくは自分の目線より高いところにあります

輝きのないしずくは画像でも見えにくくなるので、狙うのであれば

被写体がレンズ目線と同じかそれ以上の高さにあるものを選んでください

目線以上であれば光源となる空の光が水滴に反射するので

きれいに捕らえる事ができます

晴れ
水滴の中で空が反射するからキラリが出るって事です

 

④ 葉に乗った水玉

緑の葉に乗った雨粒

葉に乗った水滴が水玉のように丸みを帯びた形になるのは

うぶ毛のようなものが生えている葉でよく見られます

これは、うぶ毛が撥水効果で水分を弾こうとしてるからで

全ての葉っぱがこんなふうになるワケではありません

葉っぱに乗った水滴も種類によっていろんな見え方があるので

これもよく観察してみると面白いですよ

晴れ
水滴はアップになるのでズームによる手ブレには気を付けましょうね

 

雨を表現する撮影方法 まとめ

雨は水分なので、光を反射します

この反射の原理をどう使うかがポイントです

雨風景のポイント

①雨脚は背景が暗くなるアングルを選び雨脚自体のピントをボカす

②波紋は水面の映りこみが白くならない場所を選ぶ

③しずくはレンズ目線より高い場所を狙う

④水玉を狙うなら撥水性のある葉っぱを観察する

 

これらを覚えておいて、実際に雨が降ったら観察しに出かけてみて下さい

頭で理解するのが苦手な自分は理屈より体感で覚えました(笑)

体感したものって絶対に忘れたりしません

雨も考え方次第では映像ライフとして楽しめるものになりますから

得意ジャンルを増やしたいなら、ぜひおためし下さい!

ちなみに、ここで使った画像は全て写真ACに投稿した自分の作品になります

クリックするとその画像のページに飛ぶ事ができるので

お気に入りが見つかったらポチしてやって下さい

よろしくお願いしま~す(*`艸´)

 

 

写真素材無料【写真AC】

 




  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-直伝テクニック

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.