秘伝テク

自然な表情を引き出す撮影法

写真を撮ってあげようとしたら急にかしこまったり

無理して笑顔を作っちゃう人っていますよね

そんな写真に限って、わざとらしい作り笑顔になってたり

こわばって不自然になってたりするもんです

ここでは、いかに自然な写真にするか

いかにその人の魅力を引き出すかを解説します

 




 

 

 

撮る側の心得

見ず知らずの他人にシャッターされた時と

親しい人にシャッターされたのでは、撮られる側も表情に差が出ますよね

この意識の差を頭に入れておきましょう

親しい間柄であっても、撮る側がつまんない顔してたらいい表情も作れません

相手に要求したい表情をさせるには、まずは撮る側がその表情になってないとダメ

笑顔狙いなら撮る方もニコニコ楽しい表情を

困ってる表情が欲しいなら同様の表情を作って誘導させる、です

 

自然な会話で意識をそらす

表情が不自然になる人って自意識過剰か緊張しいなのが原因だったりします

こんな人には自然な会話を仕向けるのがオススメ

記念写真とかで「ハイ!撮りますよ~」「3・2・1!」なんてのは

意識させる最もしちゃいけないセリフです

撮影する前までしていた会話をそのまま生かしたりして

意識をレンズに向けさせないようにして下さい

会話は「撮られる」という意識をそらす格好の材料です

シャッターするタイミングは告知しちゃいけません

会話しながらよき表情になったところを狙ってシャッターしましょう

1枚だけ、という認識も捨てて何回かシャッターするのもオススメです

撮られる方はたいがい1枚だけだと思ってるので、

シャッター音がしたあとに油断します

自然な表情に戻ったその時こそがシャッターチャンスになります

 

笑顔にさせるには?

人間の表情でもっとも魅力的なのはなんといっても笑顔ですよね~

笑顔にさせるには個々の笑いのツボをおさえておくのが常道なんだけど

期待させる」のも方法のひとつ

「これ撮ったらうまい和牛ステーキが待ってるよ~」

「もうちょっとしたら芸能人の〇〇さんが来ます!」

なんて、もちろん冗談なんだけど、聞いた瞬間は誰だって期待が顔に出ます

気分を盛り上げてやると生き生きした表情が撮れるので

その場その場のシチュエーションを考えて

人の心理をうまく使って話しかけるようにするとより自然な笑顔が狙えます

 

表情やポーズの要求はNG!

俳優でもない一般人に「ハイ、笑って~!」なんて言っても

急に笑ったりできるはずないですよね

表情やポーズの要求は緊張させてしまう事にもなり

不自然な画になったりするので避けた方がいいです

どうしても狙った表情にさせたいのであれば、

こちらから仕掛けるって方法があります

おばちゃんに「明日、近所の〇〇ってスーパーが全部100均になる」

って言ったらガッツポーズしたりビックリした表情するでしょう

お子さんに「うしろにお化けが立ってる」って言ったらビビった顔しますよね

先に話した笑顔にさせるのと同じ要領で、被写体に感情を与えるのがポイントです

 

その瞬間を待つ

自然な表情を撮るには、何をおいてもタイミングを「待つ」事です

何も観察せず、感じないままシャッターしてもいい表情は撮れません

その場の雰囲気を把握しつつ、

狙った表情になるのを待つスタンスを心がけて下さい

瞬間をとらえるには生の被写体の表情を見てシャッターした方がより確実です

カメラを覗いてシャッターするとタイムラグが出て瞬間を逃す事もあります

表情が出るのを雰囲気から察して予測し、構えておくのもポイントですよ

 




 

カメラ目線だけがいい表情じゃない

 

写真を撮る側ってつい「こっちを見て~」って言っちゃったりしますよね

これ、その時点で「作り」になっちゃいます

自然ないつもの表情を収めたいんだったら、

「撮っている」という事を意識させず

さりげないスタンスでカメラを構えるのがポイント

カメラ目線じゃない表情は、その時の被写体の心の様子までをも写し出す

とてもナチュラルな絵になるので、ファインダー越しにじっくり観察して

シャッターしてみて下さい

被写体が何かに没頭していたり、テレビや漫画を見てる時は

いろんな表情が顔に出るのでシャッターするチャンスになります

 

自然な表情を撮る まとめ

コミュニケーションは絶対です

よりよい関係性があってこそ自然な表情も生まれるので

会話をうまく利用してタイミングを計りましょう

撮る側にも表情は重要です

被写体に感情移入させるためにも豊かな表情作りを心がけて下さい

撮る側が主導にならないよう、被写体に合わせて待って撮るのも

自然な表情を撮るには有効です

何も要求せず、意識させず、タイミングを待つ! です

カメラは以前は記録するためのもの、って考えがありましたが

今ではスマホでも気楽に撮れるようになってきたので

記録というよりはコミュニケーションツールとして

楽しむために使う事も多くなってきました

日々、何かを撮っていればアイディアや楽しみ方も無限に広がります

カメラは一家に1台から1人に1台の時代

上手になればこれからの時代、それだけで強力なスキルになりますよ!

 

写真素材無料【写真AC】

 




 

  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-秘伝テク
-

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.