映像の基礎知識

広角で背景をボカすには?

https://www.sunnydays365.com

カメラを使い込んでいくと背景をボカす事を覚えますよね

1点にのみピントを合わせると見栄えがカッコよくなったり

見せたいものを明確にする事ができるので

ボカし技は覚えておいて損はありません

 

ボカしでカンタンなのは望遠にする事なんですが

これはレンズの特性上、望遠にすれば必然的にピントは

一か所にしか合わなくなるので誰がやってもボケます

ですが・・・、広角だとどうでしょう?

広角でもボカせるワザがあるのに、もし知らない方がいたら

ここから先は必見です!

晴れは難しい光学の仕組みをや原理を

理屈をこねて勉強させるつもりはありません

実際にやってみて体で覚えてしまえばいい事なので

ここではやり方をできるだけシンプルにお伝えします

 




 

明るさをコントロール

 

ポイントは、明るさをコントロールする事です

基本、たった2つの操作でできるようになるので

頑張ってやってみて下さい!

まずは機械的な操作として絞り=アイリスを解放値まで開けます

アイリスとは光が入ってくる量を調節する部分です

下の写真にある通り、

シャッターの穴を大きくしたり小さくしたりする事で調節します

拡大したレンズのシャッター部分

 

レンズ外観でいうとここです↓

レンズの絞りダイヤル

数値が低くなるほど開放、つまり穴が大きく開きます

 

このアイリスを下図の左側のように開きます

これを「開放にする」と言います

アイリスは開けば開くほど

画像の焦点が一か所にしか合わなくなる特性があります

逆に、絞って右のような状態にすると

写っている前後のもの全てにピントが合いやすくなります

全てにピントがきている状態を「パンフォーカス」と言います

広角でもボケを作りたい場合はまずはじめに

絞り=アイリスを開放にする事がポイントになるので

ここはしっかり憶えておいて下さい

 

レンズの絞りパターンイラスト

 

開放にすれば光は多く入ってくるので

明るい場所だったら当然画像は真っ白に飛びますよね

そこで次の操作です

飛んでしまった画像を他の機能を使って

適正に戻してあげましょう

 

明るさを絞り以外の操作で適正に修正する

まずはデジカメの場合

カメラ感度=ISOで調整

ISOとは、カメラの感度の事です

白く飛んでしまったものをこの電気的な操作で適正な値まで修正します

ISOの値をマニュアル(手動)で適正な明るさになるまで落としてみて下さい

つまりこれは感度を低くする、という操作になります

あとはご自身が狙っている物にピントを合わせたら完了です

この一連の操作で広角でも1点1か所にのみピントを合わせ

他をボカす事ができるようになります

 

ビデオカメラの場合

NDフィルター(遮光)が付いたものであれば

ISO感度ではなくNDを入れていく事で光の量を少なくする事ができるので

これを利用して下さい

NDがない場合はデジカメでいうISOに相当する※GAINを下げる事で

感度を低くして対応できます

原理としてはアイリスを開放にした事で飛んでしまった画像を

適正に戻すために「ISO/GAIN」で感度を下げるか「NDフィルター」で

光を抑えるか、になります

あくまでアイリスは開放に設定する、絞り優先にする、

という事になります

(※GAINは主にSONYのビデオカメラで表示されるメニュー名です)

 

こちらが比較の画像になります

上が絞って撮影したもの

下が開放にして撮影したものです

違いが分かるかと思います

アイリスを絞った時の映像

 

アイリスを絞った状態

絞ると暗くなるのでISOで感度をあげます

アイリスを開放にした時の映像 背景ボケている

 

アイリスを開放にした状態

ISOを下げて明るさを調整します

 

局内で突貫で撮影したので、分かりやすい画像が撮れたら

また改めて再アップしますが、手前のボトルと奥の観葉樹、

この距離が開けば開くほどボケるようになります

デジカメの場合、明るさを絞り以外でコントロールするには

ISOでやるのがカンタンですが、

シャッタースピードをコントロールする方法もあります

 

シャッタースピードで調整する

 

アイリスを開放にした状態でシャッタースピードを速くします

速くすると光が一瞬しか入ってこなくなるので

明るさを抑える事ができます

この方法でやる場合、極端に暗い場所でない限り

ISOは200~400程度で固定しておくといいかと思います

ちょい上級者向けな話になりますが

カメラの設定を絞り優先・・

つまり、強制的に開放にすると、カメラ側が適正判断をして

シャッタースピードをコントロールしてくれたり

適正なシャッタースピードの範囲を画面でお知らせしてくれるものもあります

 


 

まとめ

広角で背景もしくは手前をボカすには

何をおいてもアイリス=絞りを開放にする事が第一条件です

あとは明るさを適正にするために他の機能を利用する、です

 

広角でボカしを作る手順まとめ

★アイリス(絞り)を開放にする

明るさ調整方法その1⇒★ISO/GAINを使って感度を調節して適正の明るさにする

明るさ調整方法その2⇒★ビデオカメラでNDフィルターがあれば利用する

明るさ調整方法その3⇒★シャッタースピードを速くする

 

 

読んでるだけだと「難しいじゃん!!」

って思うかもですが、手順通りにやってみたら

意外にカンタンなもんです

レンズもあれこれいじり倒していけば

操作慣れして体感で覚えられるようになり

手早くできるようになるので是非、トライしてみて下さい!

 




 



  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-映像の基礎知識

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.