☆Aモノプレミアム☆

ガンマイクのオススメ機種!プロが構造から解説します

映画やドラマ、記者会見などのシーンでよく目にする

細長~いマイク

みなさんも一度は目にした事があるでしょう

これ、業界ではガンマイクと呼ばれているもので

より遠くの音、狙った音のみを鮮明に集音するマイクなんです

狙った音だけを収録できるなんて不思議だと思いませんか?

今回はこのマイクがなぜ狙った音だけをキャッチできるのか

その仕組みについてお話します

仕組みを知れば、製品選びにも役立ちます

これを機会に音声についても学んじゃいましょう!

 




 

 

音が伝わる原理

ガンマイクの仕組みを説明する前に、音についてお話しましょう

普段、なにげなく聞いている音

みなさんは音がどうして聞こえるのか

考えた事がありますか?

音は水面に落ちたしずくのように、

空気を振動させて波紋状に周囲へ広がっていきます

この振動が耳の中にある鼓膜を揺らし、

刺激される事で音が音として認識されるんです

子供の頃、理科の実験で糸電話ってありましたよね?

あれも振動を利用しています

紙底を振動させ、それが糸に伝わって反対側の紙底を振動させる

音は振動する媒体があってはじめて伝わっていくんです

空気はその媒体としてもっとも自然なもので

コミュニケーションになくてはならない存在ともいえます

 

マイクの仕組み

この振動する原理をそのまま利用したのがマイクで

マイクの内部には鼓膜と同じ働きをする振動版が内蔵されています

ここでキャッチした音を信号に変えるのがマイクの役割なんです

マイクにもいろんな種類があって、

音楽のような幅広い音域をカバーするものから

人間の声に特化した音域のみをキャッチするものまで

用途によって多様な製品が作られています

 

マイクの指向性

マイクには指向性というものがあります

指向性とは、マイクが向いている方向に対し

どの角度の音までをカバーするかを表すもので

無指向性から単一指向性、超指向性があります

無指向性はマイクの振動板の面に対し、ほぼ180度の音をキャッチするもの

単一指向性は振動版に対し、90度から60度の角度から入ってくる音をキャッチし

超指向性はもっと侠角で、20度~30度の角度の音をキャッチするよう

設計されています

 




 

ガンマイク、その名の由来

ガンマイクはこれら指向性の分類でいくと超指向性にあたります

狙った方向のみの音をキャッチする事からこう呼ばれるようになりました

形もなんとなくそんな風になっています

人間の耳は前方から来る音を全て聞く事ができますが

特定の音声だけを収録する場合、無指向性のようなワイドレンジだと

不都合な事象も出てきます

特定の方向の音だけに絞って集音したい

そんなニーズからガンマイクは考案されました

 

ゼンハイザーMKH-416

もっとも代表的なガンマイクがこちら

ドイツのゼンハイザー社から発売されているもので

初期タイプからすでに40年余りの長きにわたって

世界じゅうのプロから愛されてきました

価格は当初1本40万円と超高価な代物でしたが、

現在では12~3万で出回るようになりました

ガンマイクは他社からも様々な製品が出ていますが

業界でのシェアはほぼ100%!

ここまで評価されているのにはワケがあり

耐久性や音質、集音性能、全てにおいて群を抜いた性能を誇っている製品なんです

形を見るととても細長く作られていますよね

ガンマイクがなぜ遠くの音を鮮明にキャッチできるのか

ヒントはこの形にあります

 

ガンマイクの仕組み

実は、この筒状になった内部は中身が空っぽな構造になっています

空っぽって聞くと驚くでしょうけど

この空っぽになっている構造こそが遠くの音のみを拾うための

大切な要素なんです

音は冒頭の説明で空気によって波紋状に伝わってくると説明しました

マイクの向いた方向に一人の人間が立っていて何かを話していたとします

その人間の声だけを録りたいんだけど、その周囲に様々な雑音があった場合

通常のマイクだったらそれら全てをキャッチしてしまいますよね

周囲の雑音はマイクの向きに対し、斜め方向から入ってきます

ガンマイクの細長い構造はこの斜めからの音を打ち消すためのものなんです

本体の横には細かいスリットが胴体に沿うように入っているんですが

これが雑音を消すために必要な構造になっています

斜め方向からマイクに入ってきた音はこの筒の中で反射して減衰していきます

スリットは反射した音を逃がす(抜けさせる)ためにあるってワケです

斜めからの音声が減衰され外へ出ていく仕組みの図

 

これに対し、真っすぐ方向から入ってきた音はどこにも反射しないので

そのまま最深部にある振動板へと届きます

直進した音声が最深部の振動板へと届く仕組みの図

これが特定の音だけをキャッチする原理です

 

斜め方向の音は筒の中で振動版に届かないように逃がしてやり

真っすぐな音のみをキャッチする

考えたらきわめて原始的な構造ですが、

よく考えたものだと思いませんか?

 

ガンマイク選びのポイント

特定の方向からの音のみを狙って録りたい

そんなニーズから生まれたガンマイクですが

今では小型ビデオカメラやスマホ用のものも多数出回るようになってきました

ここまでお読みになった方なら、もうおよそのポイントはつかんだハズです

もしもガンマイクを検討されるなら、この2点だけは覚えておきましょう

ガンマイクを選ぶポイント

①ボディユニットが長く作られている事

→斜め方向からの音を内部で反射させて減衰させる

よけいな音を逃がすためには長いものほどその効果が発揮されます

②筒の中で音を逃がすためのスリットが適度に作られている事

→スリットの幅が広すぎると横方向からの風の影響を受けやすくなるので、

幅が細く風用のネットがしっかり施工されているものがオススメです

 

一般ユーザーにオススメできる機種とは?

ゼンハイザーMKH-416は業界御用達で高価なので

一般のユーザーさんならよほどのこだわりがない限り

手が出ないと思います

そこでオススメできるのがこちら、

アメリカの音響メーカーでも老舗中の老舗

SHURE社が一般ユーザー向けに開発した製品VP-83

テレビ業界でも記者たちが使うビデオカメラに広く愛用されているもので

小型ながら実力はお墨付きです

音声は目に見えないので、動画を制作している人でも

あまり気にせずカメラ内蔵マイクだけで収録している傾向がありますが

音は動画に欠かせない重要な要素!

音が不鮮明だとせっかくの動画も成立しません

これを機に、音声=マイクにもこだわりを持って制作する事をオススメします

 


 


 




 

  • この記事を書いた人

晴れのち晴れ

在京キー局カメラマン/技術アドバイザー  ドキュメンタリー、バラエティー、各分野で活躍  手がけた著名番組多数  30年に及ぶ豊富な経験から映像ライフを楽しむ知識やアイディア、  海外ロケのスナップ紀行などを 紹介しています

-☆Aモノプレミアム☆
-

Copyright© 晴れのち晴れブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.